· 

書道紙のサイズいろいろ

お習字では、特に年末から年始にかけて、いろいろなサイズの紙に挑戦することができる時期です。


例えば、書き初めでよく使われる「半切」「半切4分の1」や、県展に出品する、2m以上の「二八(にはち)」という大きな紙などがあります。

コピー用紙では、「A3=A4の2倍の大きさ」のように、サイズに関連性がありますが、実は、書道紙のサイズにも、それぞれに関連性があります。

 

この機会に、書道紙のサイズの関連性を、図を交えて紹介したいと思います。

ーーーーーーーーーー
ちなみに、最もお馴染みの「半紙」は、日本がルーツの寸法です。
今回は、中国がルーツの紙(全紙や半切など)のサイズの関連性を紹介します。

画像をクリックすると大きくなります。

文字の大きさが、やや小さめなので、ぜひ拡大してご覧ください。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    吟雨 (火曜日, 29 1月 2019 05:14)

    わかりやすい解説!一目瞭然�
    「私流 用語」ではなく、きちんとした言葉で、覚えておきます�

  • #2

    Y.TAMANO (火曜日, 29 1月 2019 23:10)

    >吟雨さま

    早朝のコメント、ありがとうございます!!
    「聯」や「聯落ち」という言葉は、使わないですよね…。何度も聞き直しながら制作しました。

    土曜日に記事を出す予定だったのに、テニスの中継に没頭してしまいました…笑